保湿ケアは潤いを保つために欠かせない

スキンケアの際、「ニキビが酷いから、あまり保湿クリームなどは付けたくない」と感じている方も多いと思います。
「夏場には、べたべたするから保湿は必要ない」と考えている方も多いでしょう。しかし、保湿ケアは肌に潤いを保つためには欠かせないケアとなります。



保湿ケアについて

では、保湿ケアについて、ご紹介しましょう。
洗顔後には、すぐに化粧水を用いて水分補給を行っていくことになります。
この時、「水分補給したから、これで十分」と思う方も多いと思いますが、この状態でケアを止めてしまえば、補給した水分は乾燥しやすい状態となります。

せっかく水分補給を行っても、乾燥を招いてしまえば全くケアの意味がありません。そこで必要となるのが保湿ケア。
保湿クリーム、美容液などを用いて、水分補給を行った肌に蓋をし、水分が逃げない様にケアを行う必要があります。
今では、べたべたしない保湿グッズなどもありますから、好みでこういった保湿グッズを使って、しっかりと保湿ケアを行う様にしましょう。

美容液などを選んだ場合には、2滴から3滴程度顔全体に伸ばしてつけていきましょう。マッサージなどを行いながらつけていくと、より効果をアップさせることが出来ますよ。

また、美容液を選ぶ際には出来るだけノンオイルタイプを選ぶことがおすすめ。 オイルが入っていれば、乾燥を招いてしまいますからね。
美容液によっては、美白効果やシワ防止、肌への潤い効果などがあるものもありますから、自分の目的に合ったものを選ぶ様にしましょう。